パートナーがいたとしても五反田風俗は楽しいのでアリにして良いのではないでしょうか

五反田の風俗のお店を利用する男性の中には、恋人や奥様などの特定のパートナーがいるにもかかわらず・・・というお客さんも確かにいらっしゃいます。ただ、やはり客層のベースとなるのは、「特定のパートナーがいない男性」であることは間違いありません。

もちろん、そこにどんな理由・原因があるかは詮索の必要がない部分ではありますが、意外なことに、「風俗で遊べるから」ということを理由にしている男性は多いのです。つまり、恋人をつくったり結婚したりということが面倒に感じられる男性は、恋愛感情は一切ぬきにして、五反田の風俗店で肉体関係だけを楽しもうと考えていることも多いのです。

確かに、お金さえ払えば、今では簡単に女性と肉体関係を結ぶことが可能な時代ですし、また、ひとりの女性だけではなく、非常に多くの女性と肉体関係を簡単に結ぶことができるわけですから、「セックスしなければ生きていけない」という男性のサガを考えると、これはちょっと真理をついた考え方であるといえるのかもしれません。(参照:五反田のピンサロの風俗店

そういう意味では、五反田の風俗店の存在価値というのは、考えられる以上に重要な意味を持っているといえるのかもしれませんね。これは意外と新しい考え方であるのかもしれません。

■男性それぞれに遊び方が違うようです
五反田の風俗店を利用する男性はたくさんいます。実にいろいろなタイプの男性が、実にさまざまな理由、目的で風俗店を利用しているのです。もちろん、恋人や奥様がいる男性が風俗店を利用することは珍しいことではありませんが、しかし、やはり風俗店を利用する男性は、「独身、恋人なし」という人が多くなります。

そういった男性が、性欲を満たすために風俗店を利用するのはむしろ大歓迎なのですが、しかし、一戦交えて別れるときには、「五反田の風俗店独特の虚しい空気」に吹かれてしまう感覚に陥る男性が多いようです。

■のめりこみ過ぎには注意してくださいね
これが自然な感覚なのかどうかはわかりませんが、やはり、恋人や奥様がいる男性と同様の、あるいはそれ以上のサービスを受けられるにもかかわらず、その女性は「自分のものではない」という現実を突きつけられてしまうと、自然とそういった虚しさに襲われてしまうものです。

そうした虚しさを含めて、「それが風俗店なのだ」と完全に割り切って風俗店を利用することができる男性は、きっといつでもどこでも、風俗店の楽しさを堪能できるのではないでしょうか。しかし、独特の虚しい雰囲気を感じてしまう男性は、やはりいつか恋人をつくって、ちゃんと結婚したほうがいいと思いますよ。

セックス以外のプレイで性欲を解消してくれるのが性風俗ですが、風俗ではセックスできないのは何故だかわかりますか?
『お店が禁止しているだけ』とか『禁止っていってるけど黙認してるんでしょ?』とか思われていることもあります。テレビや雑誌などを見ない方に多いんですが、風俗は本番してはいけないという法律があるんです。

金銭の受け渡しによるセックスは法律違反となりますので、五反田の風俗嬢のと合意があってもセックスはしてはいけないのです。風俗嬢から誘ってくるというようなケースもあるようですが、そういう場合はやりたい気持ちは抑えるべきです。稀にお店とグルになり、本番して慰謝料や罰金を請求するという例がありますので、本番行為に対する警戒も必要かもしれません。

そうしても挿入したいという願望がある方は、デリヘルやヘルスなどのジャンルの風俗ではなく、他のお店を調べてみるといいでしょ。『本番できます!』と謳う風俗はありませんが、性犯罪防止のために黙認されているお店などもありますので、色んなお店のサービス内容を把握しておいたほうがいいんじゃないでしょうか。

キスはダメ・フェラは苦手・・と言うわがままな子などもいるようですが、甘えて逃れようとする子は最初からそのつもりだと思うので、五反田のピンサロ風俗でしっかりサービスしてもらいましょう。